写真でお題

 『本は誰のもの?
 本の持ち主は男性、年の頃は27.8くらい。ここは、どこか?ベット脇。目覚まし時計がある。日の光の感じも朝じゃないかな?どんな本を読んでいるのか?案外、日本の古典名作もの、誰から貰ったものだろうか?憧れの年上の女性(または男性?) 一人暮らしかな?料理上手そう。朝からベーコンエッグなんかちゃっちゃっと作って、でもそんなんだから、つい一人でいて、家庭向きじゃない。そんな彼はどんな恋愛をしてきたんだろう?

 ……なんて具合に、連想ゲームの要領で想像していくと面白いです。


素材サイト:

ご参加サンクス
 ぽちさん 太秦の怪人さん 水月さん 語呂さん
昼下がり』  語呂

 窓から、無慈悲な白光が空から部屋の中を突き刺そうと必至になっているように感じる。
 僕は外から帰ってきて、ドアを開けたままの姿勢で部屋の中を目を細めて溜息をつく気にもならなかった。
 なんと日当たりのいい部屋だろう。
 部屋に入るとクーラーをオンにし、光りの当たって白く反射する棚の上に先ほど買ってきた文庫本を三冊重ねて置いた。
 何か目的があって本屋に行ったわけではなかったが、うだるような暑さの中、小説のコーナーに立っていると、何となく手の伸びた小説の1P目に惚れてそのシリーズを3冊ほど一気に購入した。
 まさかこの3冊が「絶対にあたりだ!この本との出会いは運命の思し召しだ!!」
 …などと、思ったわけではなかったが、何となく、わざわざ本棚に戻す気にはならなかった。
 それはそれで惜しいような気分だった。
 とにかくそんな感じで、珍しく沢山の小説を買い込み、他にすることも無く、太陽から逃げるように家路を急いだのだ、しかし帰ってみたところで、
 暑い。
 熱い。
 全く、今今いい気分で買ってきた小説を読む気もうせてしまった。
 僕は部屋の中の隅っこ、唯一光の当たらない一角に陣取って、ぐったりした。
 ああ、全くやる気が起きないのだ。
 僕は床に座ったまま、うんと手を伸ばして棚の上、小説を置いた隣りにある目覚まし時計を取った。
 夕方だ。
 この時間なら、もう少ししたら日も沈むだろう。
 僕は影からはみ出ないようにゴロンと横になった。
 もう、寝ることにしよう、夜に起きたら
 そうだな、気が向いたらさっき買った小説を読もう。
 僕は目を閉じた。
____________________________
失礼します。
最近文字を気軽に書ける場所がなくて
写真等、画面からストーリィを想像するのが好きです。
楽しませていただきました。

読んでる?』  水月    http://watermoon.nce.buttobi.net/

 彼の部屋に遊びにきた。
 初めてだから、あちこち見る余裕なんてない。部屋から彼の匂いがするだけで落ち着かない。どういう姿勢をとればいいのか、なんてどうでもいいことまで考えてしまう。
 ふと、彼の後ろにあるベッドを見た。
 積まれている三冊の本。
「あ、私が貸した本」
「ん? ああ、取りやすいからな」
「本当に読んでる? 読みたいって社交辞令じゃなくて?」
「読んでる。ちゃんと寝る前に少しずつ読んでる。ほら、一番上の本、表紙が浮いてるだろ?」
「……昨日も読んでた?」
「もちろん。もう少しで犯人がわかりそうなとこ」
 私が貸してあげた本を彼が読んでいる。
 たったそれだけのことに、どうして抑えられないくらい顔がにやけてくるのだろう。
「俺、なんかおかしいこと言った?」
「ごめん。嬉しいだけ」
「嬉しい? あの本読んでたから?」
「そうそう」
「それだけのことで?」
「それだけで十分」
 彼のベッドに私の本がある。彼と一緒に寝ている。
 それだけで嬉しくなる。単純な私。

-----------------------------

こんにちは。
先ほど「空を結ぶ青」に投稿してきました。こちらにもまたまた恋愛モードばりばりで出没してしまいました。かさねがさね申し訳ありません(汗)
写真を見てまず、彼が読んでいた本を置いた上に彼女が本を置く、という状況を思い浮かべ、二人の本が一緒に置いてある、というものにしようかと思ったのですが、唐突に、本だけが私のものというほうがいいかも、と思い立ち上のSSに至ります。
またこいつ恋愛かよ、というため息があちこちから聞こえるような気がします(笑) 存分に呆れてやってください。
またどこかで出没すると思いますが、これからもよかったらよろしくお願いします。
それでは。


つかの間の時間旅行』  太秦の怪人 http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Ink/7778/

ふと、何年も本棚に飾られたままの数冊の本を取り出し、
久しぶりに読んでみた。
年月を経て少し黄ばんではいたが、それ以外はきれいなままだ。
昔、一度だけ読んで、それっきりだから当然のことかもしれない。
一度読んだ本だから話の筋を覚えている、と思いもしたが、
筋を覚えていても
一言一句たがわず覚えているわけではないから(また記憶が
完全なわけでもないから)これがなかなか面白い。

時を忘れて読み進めているうちに、ふっと手が止まった。
そういえばこの本を読んだのはいつの頃だったか。そう、
高校生の頃だっけ。今はもう潰れてしまったなじみの本屋で、
何気なく手に取った本だったな。
あの頃は楽しいこと、悲しいこと、いろいろあったなあ・・・

しばし、読書を止め思いにふける。普段忘れていたいろんなことが、
頭の中に、つい昨日のことのように次々とよぎっていく。

しばらくして我に返ると、時計の針はもう夕方を指そうとしていた。
いけないいけない、久しぶりの休日の午後、ゆっくり読書でもと
思っていたらついつい物思いにふけってしまった。結局半分も
読めなかった。
古びたしおりをはさみ、本を本棚に戻した。次にこの本を読むのは
いつになるだろう。忙しい日々が続いているからなあ・・・

でも、たまにはこうして「時計の針を少し戻してみる」のも
いいかもしれない。

------------------------------------------------------

けっこうありがちな話なんで、最初は落語にでもしようかなと
思っていたんですが、さほどキレのあるひねりとオチが
用意できないので結局普通に書きました。
久しぶりに読む本なんかは、その話の筋よりも読んだ当時の
出来事のことを思い出してしまったり、てことがしばしばあります。

個人的にはもっと狂った方向が好きなんですけどね。
「む、中ほどのページがくりぬかれて・・・これはヘソくり!?
彼奴め、こんなところに・・・ハッ!? 殺気!」
「ククク・・・愚かなことよ。気付かなければその命、いま少しは
永らえたものを・・・」
・・・なんて展開が(笑)


積ん読(ツンドク)』  ぽち   http://yaplog.jp/pochibooks/

いつも話題の本が出るたびに、ついつい本屋へ足を向け、ついつい買ってきてしまう。
おもしろそうだ!!!早く家に帰って読むぞっ!!
あ、アレもいいなぁ!!

と、必ず1冊にとどまらず数冊手にしてしまう。
それが間違いの元である。

まずこれから読もう。
そう決めて他の本はとりあえずベッドサイドに置く。

そういう時に限って仕事や遊びが忙しくなる。
手に取った最初の本以外、ベッドサイドに置いた本は
結局読めない。
読めずに時間が進み、気付いた時には新しい本への興味しか
残っていない。

そうやって積ん読が増えていく。

************************
※自分的には積ん読ってほとんどないんですけどネ(^-^*)
おもしろい企画ですねー。また参加したいと思います♪


ご参加ありがとうございました。みなさんの本好きさんな雰囲気もいいな。

 

注意
 素材配布ではありません。すべての著作権は、素材サイトにあります。皆さん、素敵なサイトさんですのでサイトへもどうぞ。
 写真でイメージを膨らましてみよう。題名だけでもいいし、ショートを作ってもいい。イメージを出して遊んでみましょう。気軽に投稿お待ちしております。こめんとが、たまったら、随時、HTML化していきます。 自サイトにてUPも、もちろん良し。その場合は、写真画像は素材サイトに著作権がありますので、素材サイトを明記・リンクどうぞ。 

 

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー